亡くなったとき

被保険者が亡くなったとき

資格喪失について

被保険者本人が亡くなった日の翌日に、被保険者の方と被扶養者の方の資格は喪失します。

埋葬料(費)の請求について

被保険者によって生計を維持されていた方が埋葬を行ったとき、その方に一律5万円の埋葬料が支給されます。生計維持関係にある人がいない場合は、実際に埋葬を行った方(友人など)に対し、埋葬料の範囲内で埋葬にかかった費用が埋葬費として支給されます。

「埋葬料・埋葬費請求書」および証明書類の提出が必要です。なお、請求される方によって添付書類が異なります。

【必要な添付書類】

請求者が被扶養者として認定されている

→事業主の証明

事業主の証明がない場合は死亡診断書または埋葬許可証の写し

請求者が被扶養者として認定されていない(同居)

→事業主の証明および戸籍謄本または住民票の原本

事業主の証明がない場合は死亡診断書または埋葬許可証の写しおよび戸籍謄本または住民票の原本

請求者が被扶養者として認定されていない(別居)

→事業主の証明および領収書の原本

事業主の証明がない場合は死亡診断書または埋葬許可証の写しおよび領収書の原本

資格喪失後の埋葬費請求について

次の要件のいずれかに該当する場合に、資格喪失後の被保険者の埋葬料(費)の申請が可能です。

  1. 被保険者が資格喪失後3か月以内に亡くなったとき
  2. 被保険者が傷病手当金または出産手当金の資格喪失後の継続給付を受けている期間に亡くなったとき
  3. 被保険者が傷病手当金または出産手当金の資格喪失後の継続給付を受けなくなった日後3か月以内に亡くなったとき

なお、被扶養者であった方が資格喪失後に亡くなった場合は、家族埋葬料は受けられません。

ページトップ

メニュー

メニュー

Copyright © 東京電子機械工業健康保険組合 All rights reserved.