入社したとき

被保険者の資格について

被保険者に関すること

保険料を払って健康保険に加入している人を「被保険者」といいます。会社、工場、銀行、商店など健康保険法で定められた事業所で働く人は、本人の意思に関係なく、自動的に被保険者となります。

被保険者の資格は会社に入った日に取得し、会社を辞めた日または亡くなった日の翌日に喪失します。

75歳以上の人

75歳(一定の障害があると申請し認定を受けた人は65歳)を過ぎると、すべての人が後期高齢者医療制度によって診療を受けることになります。

その際に、健康保険の被保険者としての資格を失います。

適用拡大による資格取得に関すること

従業員数501人以上の事業所に雇用され下記1.〜4.の要件をすべて満たす人は健康保険等の社会保険が適用されます。

  1. 1週間の所定労働時間が20時間以上
  2. 月額賃金が88,000円(年収106万円)以上(時間外手当、通勤手当等除く)
  3. 雇用期間が継続して1年以上見込まれる
  4. 学生でない(休学中の方等を除く)
    (注) 被扶養者の方の社会保険の適用に関しては、被扶養者がお勤めの事業所へご確認ください。

保険料に関すること

健康保険の保険料は、被保険者の報酬(給料)や賞与(ボーナスなど)の額に応じて決められます。

保険料はすべての被保険者を対象とした一般保険料(健康保険料)と40歳〜64歳の人が対象の介護保険料があります。

詳しくは「保険料に関すること」をご覧ください。

ページトップ

メニュー

メニュー

Copyright © 東京電子機械工業健康保険組合 All rights reserved.