家族を扶養に入れたいとき、削除したいとき

被扶養者の削除の手続きについて

家族が就職・死亡した場合、または年間収入130万円以上の継続的な収入が得られるようになったときは、被扶養者からはずす手続きが必要です。すでに就職していて、就職先で社会保険に加入していた場合、二重加入となっておりますので、早急に「被扶養者増減届」と「保険証」を事業所経由で健保組合に届け出てください。また、就職しているが、就職先で健康保険に加入できない場合も同様ですので、扶養をはずす手続きをしてください。

被扶養者の削除手続きが必要な例

  • 家族が就職した
  • 家族の収入が認定基準を上回った
  • 離婚した・家族がなくなった
  • 失業保険の受給を開始した
  • 被扶養者と別居をすることになり生計維持関係がなくなった
  • 同居が必須要件の家族と別居した

 

ページトップ

メニュー

メニュー

Copyright © 東京電子機械工業健康保険組合 All rights reserved.