保険証に関すること

健康保険証について

健康保険に加入すると「健康保険被保険者証」(一般的に保険証といいます)が交付されます。

病気やケガで診療を受けるとき、この保険証を医療機関等へ持参すると、わずかな負担で、必要な治療が受けられます。

他人に貸したり、不正に使用することは、厳重に禁止されています。

病気やケガで医者にかかるときは、必ず保険証を持参し、使用後は大切に保管してください。

保険証

<注意事項>

(1) 被保険者証の交付を受けたときは、直ちに住所欄に住所を自署して大切に保管すること。

(2) 保険医療機関等において診療を受けようとするときには、その窓口で電子資格確認を受けるか、被保険者証を提出すること。

(3) 被保険者の資格を喪失したときは、5日以内に被保険者証を事業主に提出すること。
ただし、任意継続被保険者の場合は保険者に返納すること。

(4) 不正に被保険者証を使用した者は、刑法により詐欺罪として懲役の処分を受けることがあること。

(5) 被保険者証の記載事項に変更があった場合には、直ちに事業主を経由して保険者に提出して訂正を受けること。ただし、任意継続被保険者の場合は事業主を経由することを要しないこと。

退職したとき、被扶養者から削除となったとき

本人の場合は退職日の翌日、被扶養者の場合は削除となった日が健康保険の資格喪失日となり、以降は保険証の使用はできません。保険証はただちに、所属していた会社へご返却ください。

資格喪失日以降に保険証を使用した場合は無資格受診となり、医療費全額(窓口負担分を除く)の返還請求が発生します。

任意継続被保険者の方で、資格喪失した場合は東京電子健保組合まで保険証を直接ご返却ください。

高齢受給者証

新たに70歳を迎える被保険者および被扶養者には、健保組合から「高齢受給者証」が交付されます。医療機関等では、医療費の負担割合をこの高齢受給者証で確認します。高齢受給者証が交付されたら、大切に保管してください。

高齢受給者証

自分で訂正は不可

保険証は住所欄以外を自分で訂正することができませんので、記載内容に変更が生じたときは、すみやかに健保組合に届け出てください。

保険証をなくしたときなどの手続きにつきましては、「保険証をなくしたとき」をご覧ください。

ページトップ

メニュー

メニュー

Copyright © 東京電子機械工業健康保険組合 All rights reserved.