ジェネリック医薬品について

ジェネリック医薬品は新薬の特許期間の後につくられる価格の低い薬です。

ジェネリック医薬品って何?

先発医薬品は膨大な費用と歳月を費やして開発されるため、開発した製薬会社に特許期間(20〜25年)が与えられ、独占的に製造販売されています。ジェネリック医薬品は特許期間が切れた後、先発医薬品と同じ有効成分を使って製造され、研究・開発にかかる時間も費用も少なく、価格は先発医薬品の2〜7割に設定されています。

ジェネリック医薬品 概念

ジェネリック医薬品は安全なの?

厚生労働省が定めた試験と審査が義務付けられ、品質は厚生労働省のお墨付きです。

ジェネリック医薬品の有効成分は、先発医薬品として長い年月実際に使われてきたもので有効性や安全性は十分に検証されています。

使用するメリット

ジェネリック医薬品の使用は皆様の薬剤費(お薬代)負担軽減につながります。

日本のジェネリック医薬品のシェアは、2割に満たないのが現状ですが、欧米ではジェネリック医薬品を希望する人が50%以上を占め薬剤費節減に成果をあげており、WHO(世界保健機関)でも使用を推奨しています。

ジェネリック医薬品はどのくらい安くなる?

医療用医薬品の価格は厚生労働省により決められます。

ジェネリック医薬品の価格は、原則として新薬の7割と定められております。

同じ成分のジェネリック医薬品が数多く発売されている場合には、2割から7割の価格になる場合もあります。

ジェネリック医薬品と価格の比較例(患者負担3割の場合)

※この表は右にスクロールできます。

  薬代 新薬 ジェネリック
医薬品(安い)
ジェネリック
医薬品(高い)
差額
脂質異常症 負担額(年間) 10,950円 2,190円 6,570円 4,380円〜8,760円
高血圧症 15,330円 1,090円 6,570円 8,760円〜14,240円
糖尿病 13,140円 5,470円 6,570円 5,480円〜7,670円

平成24年4月現在

1日1錠365日服用とした場合。「かんじゃさんの薬箱」参照。
負担額はお薬代だけの目安です。調剤技術料等は含まれません。

ジェネリック医薬品関連サイト

ジェネリック医薬品を使用するには

医師・薬剤師に相談しましょう

ジェネリック医薬品を使用するには、医師の処方せんが必要です。医師や薬剤師に、 「ジェネリック医薬品を使えますか?」などと相談してみましょう。

薬を処方してもらうときには

平成24年4月から、ジェネリック医薬品の使用促進のため、処方せんの様式が変更になり、変更不可の欄に「レ」や「×」の記載と医師の署名がない場合は患者さんの選択でジェネリック医薬品を調剤してもらうことができます。薬剤師さんに相談してみましょう。

また、成分名で処方する一般名処方が推進されます。

一般名処方された場合は、今までと同じ医薬品を含めて同じ有効成分の医薬品の中から選択できるようになります。

処方せん

いきなり変更するのは不安という方は…

「お試し調剤」を利用してみましょう。処方せんが1か月となっていても、1週間分だけ調剤して試す方法(分割調剤)もあります。 服用して問題がなければ残りの3週間分を調剤してもらいます。

分割調剤をした場合、薬局に「後発医薬品分割調剤料」を支払う必要があります。

ご注意ください!

ジェネリック医薬品は新薬とほぼ同等とされますが、まったく同一というわけではありません。薬には有効成分以外に香りや味、溶けやすく成分などの添加物は製造会社によって異なるため、特にアレルギーをお持ちの方などは変更後の医薬品の添加物に注意し、医師・薬剤師とよく相談をしましょう。

ジェネリック医薬品をお願いするには?

東京電子健保では皆様にジェネリック医薬品を活用していただきやすいように、『ジェネリック医薬品お願いカード』を作成しています。

『ジェネリック医薬品お願いカード』には「私はジェネリック医薬品を希望します。」という意思表示の一文を記載していますので、受診の際や処方せんと一緒に『ジェネリック医薬品お願いカード』を提示していただくことで、ジェネリック医薬品を処方してもらいたいという要望を伝えることができます。

『ジェネリック医薬品お願いカード』のサンプル

『ジェネリック医薬品お願いカード』のサンプル

ページトップ

メニュー

メニュー

Copyright © 東京電子機械工業健康保険組合 All rights reserved.