病気やケガをしたとき

海外で受診したとき

海外を旅行中または在住中に医療機関を受診した場合、自己負担額以外の医療費(原則として7割相当額)は、申請により後日還付されます。

ただし、日本の健康保険での治療方針と海外の治療方針は、治療内容のレベルや治療費は異なるものと考えられます。実際に払い戻される額は、支払った費用のすべてではなく、海外の病院で証明された診療内容明細書および領収明細書に基づいて、国内の保険での治療費を基準とした額となります。従って、現地での実費と当組合の決定した給付額に大幅な差異が生じる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

治療目的で海外へ渡航した場合は、支給の対象となりません。

医療費の算定方法

医療費の算定については、国内において保険医療機関以外で療養等を受けた場合と同じですが、この方法では算定が難しい場合があり、その場合は国内で同じ疾病にかかわる療養に要する費用の実績額により算定します。

なお、実際に要した費用は外貨で支払われておりますので、それを円に換算して支払います。この換算率は、支給決定の日のTTS(売り相場)レートを使用します。

申請方法

海外療養費支給申請書一式」(「医科用」と「歯科用」があります)に必要事項を記入の上、「領収書(原本)」と「パスポートの写し(所持者、出入国記載のわかる部分)」(海外に居住等していることによりパスポートの写しの提出が困難な場合は、その他の渡航の事実が確認できる書類の写し)を添えて、健保組合に提出してください。

また、海外療養費申請にあたっては、申請書一式内に記載の「被保険者の皆さまへ」もあわせてご確認ください。


< お 願 い >
ご提出いただいく海外療養費申請につきましては、より正確な内容審査を行うためにできる限り提出書類に対する「邦訳」をしていただきますようご協力をお願い申し上げます。
また、診療の内容に不明な点がある場合は、追加で資料等のご提出をお願いすることや提出書類において算定可能な範囲で支給額を決定することになりますので、ご了承いただきますようお願い申し上げます。
海外療養費・給付金のお支払いは、申請書の受付から2か月程度の期間を要しますのでご了承ください。

ページトップ

メニュー

メニュー

Copyright © 東京電子機械工業健康保険組合 All rights reserved.