40歳、65歳、70歳、75歳になったとき

70歳になったとき(高齢受給者証について)

高齢受給者証

70歳から74歳までの方は高齢受給者となり、高齢受給者証が交付されます。医療費の負担割合は、年収に応じて2割〜3割負担となり、自己負担限度額も所得に応じて変わります。

受診の際は、高齢受給者証と健康保険証を提出してください。

なお、一部負担割合が変更されたときは、高齢受給者証も変更となります。

高齢受給者証

高齢受給者証が交付される場合 交付時期 使用開始時期
被保険者または被扶養者が70歳となるとき 70歳の誕生月の月末頃(誕生日が月の初日の場合は前月の月末頃) 70歳の誕生月の翌月1日 (ただし誕生日が1日の場合、誕生日)
新たに被扶養者と認定された方が高齢受給者であるとき 被扶養者に認定されたとき 被扶養者として認定された日

医療費の負担割合

該当者が70歳以上の被保険者 標準報酬月額が28万円未満 標準報酬月額が28万円以上
2割負担 3割負担 ※1
該当者が70歳以上の被扶養者 「70歳未満の被保険者」の被扶養者の方 「70歳以上の被保険者」の被扶養者の方
被保険者の標準報酬月額が28万円未満 被保険者の標準報酬月額が28万円以上
2割負担 2割負担 3割負担 ※2

負担割合の軽減特例措置について

※1※2に該当する70歳以上の方の前年収入合計(1月から8月に医療機関で受診される場合は前々年)が以下の基準額未満の場合、申請により2割負担となります。

A. 70歳以上の被扶養者がいない場合:383万円

B. 70歳以上の被扶養者がいる場合:520万円

その場合は「健康保険高齢受給者基準収入額適用申請書」に必要事項を記載して、収入のわかる書類(市区町村で発行される(非)課税証明など)を添付し、指定された申請期限内に、健康保険組合に申請してください。申請期限経過後に申請された場合には、一部負担割合が2割として適用されるのは、その翌月からとなります、また、収入基準により2割負担となるには、収入の額を毎年申請する必要があります。

なお、虚偽の申請を行い、世帯の収入金額が下回り、負担区分が一定以上所得者(3割負担者)から一般(2割負担者)となった場合には、刑法上の詐欺罪に該当するとともに、不正行為による受給として保険者が国税徴収の例により給付額の一部を撤収することもあります。

ページトップ

メニュー

メニュー

Copyright © 東京電子機械工業健康保険組合 All rights reserved.